夜明けに蹄音は鳴り響き・序

夜明けに蹄音は鳴り響き・序

国境を争う戦争が終わったばかりの国、セグリア。 憎しみを抱えていた元軍人のロバートは、失意の中、愛馬のアヴァロンと北東へと旅に出た。 道中の森で倒れたロバートを助けたのは、ゴルドという老人だった。 ゴルドは、滅びゆく先住民族の最後の一人でありながら、セグリア人の瞳を持っていた── これは、男と馬のあてのない旅路、その始まりの物語。 文庫本サイズ / 88P / COMITIA127にて刊行

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

国境を争う戦争が終わったばかりの国、セグリア。 憎しみを抱えていた元軍人のロバートは、失意の中、愛馬のアヴァロンと北東へと旅に出た。 道中の森で倒れたロバートを助けたのは、ゴルドという老人だった。 ゴルドは、滅びゆく先住民族の最後の一人でありながら、セグリア人の瞳を持っていた── これは、男と馬のあてのない旅路、その始まりの物語。 文庫本サイズ / 88P / COMITIA127にて刊行